Staff Interview スタッフインタビュー

  1. 採用情報サイトTOP
  2. 社員インタビュー:山﨑 真有里

山﨑 真有里

デザインとアイディアで、お客様に愛される会社をつくる デザインとアイディアで
お客様に愛される
会社をつくる

04

山﨑 真有里
企画制作部
2017年入社

応募のきっかけは、ふとした興味から

システムファイブと出会ったのは2017年の秋。ちょうど転職を考えていたところに、「プロのカメラマンや撮影監督も来店するショールーム」を運営している当社の求人情報に目が留まりました。

大学の服飾学部で和裁・洋裁、編み物や刺繍などの製作を専攻していた私は、写真や動画撮影にも関わる機会もあり、プロ用の撮影機材を取り扱う当社の仕事や映像業界に興味が湧き、応募しました。

採用面接時で初めて訪問した際に、キレイなオフィスだなという見た目の印象以上に、受付の方の対応がとても丁寧だったことを今でも覚えています。業績が伸びているのはもちろんですが、働いている方々の仕事に対する姿勢を見て、これからもっと成長する会社だと感じたのも転職の決め手となったことのひとつでした。

私が応募した職種は営業アシスタント。営業スタッフと二人三脚で、電話応対や見積りの作成、納期の確認などを担当する仕事です。入社後に驚いたのは、とにかく社内の電話がよく鳴ることです。日本全国のお客様や取引先からの電話が数多く鳴り響き、とても活気を感じました。

電話応対も名刺交換も、最初はとても緊張してうまくできませんでしたが、周りの先輩社員が楽しそうに仕事をしているのを見て、いい意味で驚きました。仕事というものは大変なもの、つらいものだと思っていたからです。それからは、「こんな風に働けばいいんだ!」と楽しみながら仕事をするように変わりました。

営業アシスタントからデザイナーへ

営業部は会社の数字を担う花形部署。営業アシスタントとしても成長し、やりがいに満ちていたのですが、入社後半年ほど経過し慣れていく中で他部署の仕事にも興味が湧いてきました。その中で一番気になっていたのが、社内外への企画立案や、自社Webサイトの構築・運営、デザイン全般を手がける「企画制作部」という部署でした。様々な話を聞くうちに「自分も挑戦したい!」という想いが強くなり、当時の上司の後押しもあって異動させてもらうこととなりました。

企画制作部に配属後、主にオンラインショップに掲載するバナーデザインや、ショールームやイベント会場などで配布するフライヤーデザイン制作、素材写真の撮影などを担当しています。服飾大学出身とはいえデザイン業務はほとんど未経験でしたので、先輩に一から教えてもらいました。その際にかけられた「難しいことをするのではなく、見る人にとって必要な情報を与えてあげてね」という言葉をいつも念頭に置きながらデザインを考えることで、今では自信とプライドをもって仕事ができるようになりました。

自分の作ったものがたくさんの人の目に触れて、それが売り上げにつながったときはとても嬉しかったです。「あのバナーすごくいいね」「今までよりわかりやすくなったね」と褒められると、頑張って作った甲斐があったなと感じます。

毎日様々な仕事があり思考を整理するのも一苦労ですが、ある程度自分のペースで進められる環境なので、その日、その週のゴールを決めて定時にちゃんと上がれるように心がけています。無理をせずに働くのも社会人になってから大事にしているテーマのひとつです。

平日は仕事に集中して取り組む分、休日は積極的に友達と会ったりスポーツに汗を流したりとリフレッシュを心がけています。中でも昔からの友達は本来の自分にリセットしてくれる大切な存在ですね。仕事のアイディアにつながるきっかけも与えてくれます。

新しい自分に出会える場所

ここ最近、社内に対しても、社外に対しても、自分から何かを積極的に発信できるようになってきたと感じています。これまでは新しいことを考えるのがとても苦手で、受け身になってしまうことが多かったのですが、企画に携わっているうちに自分のアイディアを出せるようになり、悩むことすらも楽しめるようになり、「こういう自分もいたんだな」と気付くことができました。

システムファイブは撮影機材の販売会社で、応募した職種も営業アシスタントでしたから、まさかデザインを仕事にするとは2年前の私は夢にも思ってもいませんでした。このページをご覧の方の中には就職活動中の方もいらっしゃるかと思います。何が自分に合うのかさっぱり…な人も、自分に出来そうな仕事から始めると自分の事が分かってくるかもしれません。

社会人は大変ですが、得られるものも多いです。2年働いてみて、私は以前就職活動をしていた時と比べて考え方が大きく変わりました。まだまだ続く自分の人生、いくらでも自分で好きなように決められます。その可能性を広げるためにも、今やるべきことを頑張ってみてください。

そして、そんなあなたと一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています。

※所属部署はインタビュー当時のものです。