"感動サービスカンパニー"を目指して
新しい仲間を募集中です。

取締役副社長小川 行洋

システムファイブの採用情報サイトをご覧いただきありがとうございます。
採用担当の小川と申します。

2021年を経て、2022年はどんな年になるのでしょうか?いろんな側面で新しい時代を迎えたともいえます。新型コロナウイルス感染症は、我々の映像業界にも大きな影響を与えました。ピンチをチャンスと捉えて、我々は、テレワークの導入や社内環境・改善など働き方改革に取り組みました。

撮影機材販売数の落ち込みが顕著でしたが、ライブ配信需要の全世界的な高まりから多くのお客様からのお引き合いをいただき、32期(2020年度)は過去最高益を生み出すことができました。このように迅速に時代へ対応することも弊社の特色の一つとも言えます。

そんなシステムファイブは名古屋で創業しました。いち早く映像業界初のインターネット販売サイトオープン(1998年)し、東京進出(2002年)し、成長を重ねてきました。その原動力の源は、たくさんの素晴らしい仲間たちとの出会いに他なりません。

当社では年齢、社歴、立場に関係なく、成果と努力に対して評価制度を整備しています。我々が新しいメンバーに望むことは、自主性・自律性です。自ら進んで動き、課題を解決する。もっとお客様のために貢献できないか?常に課題意識をもって仕事に臨むことが、その成果は、売上数字や自身の成長に繋がります。自ら考え行動し、知恵を絞り、果敢に挑戦していける仲間を求めています。

もちろんシステムファイブ・メンバーとの協調性も重要です。
周りの仲間の力を信じ、組織として業務に取り組む姿勢が大事です。新しい仲間を迎え入れることで、どんなアイディアやイノベーションが生まれるのか?心から楽しみにしています。

「お客様に一番信頼される会社」「お客様の一番役に立つ会社」「お客様にとって絶対に無くてはならない会社」となるため、全ての役員・社員が既存の常識にとらわれることなく、常にお客様の目線を大切に、新たな価値創造に取り組んでいきます。ぜひ我々とともに成長していきましょう。

会社概要

社名
株式会社システムファイブ (System5 Co., Ltd.)
創業
平成元年(1989年)2月15日
法人設立
平成元年(1989年)7月17日
資本金
3,000万円
売上高
62億3,200万円(2021年6月期)
代表取締役
河野雅一(こうのまさかず)
社員数
59名
事業内容
  • 放送業務用映像音響システム設計、施工、保守
  • 放送業務用映像音響機器の販売、レンタル、保守
  • CATVシステムの設計、施工、保守
  • 計測機器の販売、保守
  • 放送業務用各種記録メディア販売
  • 放送業務用映像音響機器の企画・開発
  • 放送業務用映像音響機器の古物売買
  • 映像・音楽コンテンツの企画、制作、販売
  • 放送業務用映像音響機器の輸入

詳細はこちら

アクセス

地下鉄半蔵門線 半蔵門駅 1番出口より徒歩1分
地下鉄有楽町線 麹町駅 1番出口より徒歩3分
JR四ツ谷駅より徒歩10分

株式会社システムファイブ
〒102-0093
東京都千代田区平河町1-2-10 平河町第一生命ビル1階
050-3187-9555
03-5212-5100(代)

会社沿革

1989年2月 資本金100万円で名古屋市中区大須にてシステムファイブ個人創業

当社の歴史はこの大須の7坪の事務所からスタートしました。

 

1989年7月 資本金300万円にて株式会社システムファイブ設立

1992年3月 名古屋市中区千代田へ移転

大須から鶴舞の少し大きい事務所へ移転。
ケーブルテレビ局様を中心にお客様が増えてきた時期です。
このオフィスの一角に小さなプロショップもオープンしました。

 

1993年6月 資本金を1,000万円に増資

1996年9月 資本金を3,000万円に増資

1997年11月 InterBEE97にて「SYSTEM5」ブースを出展

独自開発のリチウムイオンバッテリーと充電器を先行展示しました。

 

1998年2月 リチウムイオンバッテリー(LI-50W) と充電器(BCX-10A)を独自開発販売開始

1998年4月 ラスベガスNAB98にてリチウムイオンバッテリー、充電器を出展

1998年8月 業界初のインターネット通販サイト開設

2002年2月 東京都千代田区鍛冶町(神田)に東京支店開設

念願の東京支店を神田・鍛治町にオープン。
神田駅至近でアクセスも非常に良く本当にたくさんのお客様にお越し頂けるようになりました。

 

2005年5月 プロビデオ業界向けプロポータルサイト www.system5.jp 開設

2006年7月 名古屋本社を名古屋市東区へ移転

2007年4月 プライバシーマーク取得

2008年7月 建設業許可(電気通信工事業)取得 ※愛知県知事許可

2008年11月 映像業界初のWebメディア PRONEWS を開始

2010年11月 建設業許可(電気工事業)取得 ※愛知県知事許可

2012年10月 東京支店を東京本社へ格上げ 同時に千代田区平河町へ移転 東京本社と名古屋本社とのニ本社制導入

神田のオフィスが手狭になり半蔵門にオフィスを拡大移転しました。
ショールームやオフィスも5倍のスペースになりました。
この時に東京支店から東京本社に格上げし、名古屋との二本社制としました。

 

2013年5月 国土交通大臣 建設業許可(電気通信工事業・電気工事業)取得

2014年4月 株式会社プロニュースとしてPRONEWSを独立法人化

2014年11月 InterBEE2014にて「PRODRONE」ブースを出展

PRODRONEとして初のブース出展となりました。

 

2014年11月 ISMS認証取得

2015年1月 株式会社プロドローンとしてPRODRONEを独立法人化

2015年1月 純粋持株会社 株式会社コノックス設立

2015年3月 第23回セキュリティ・安全管理総合展 SECURITY SHOW 2015にて「PRODRONE」ブースを出展

2015年5月 ドローン専門メディア DRONE を開始

2015年5月 第1回国際ドローン展にて 「PRODRONE」ブースを出展

ドローン業界の展示会には初出展となりました。

 

2016年2月 RCヘリ・飛行機・ドローン専門サイト 大須ホビー リニューアルオープン

2016年4月 第2回国際ドローン展にて「PRODRONE」ブースを出展

年々ブース規模が大きくなり、ドローン業界の発展を肌で感じました。

 

2016年4月 米RED Digital Cinema社と正規輸入代理店契約を締結

2017年4月 第一回映像伝送EXPOに出展

軽ワゴン車に映像配信のすべてを搭載した小型中継車を開発し好評を博しました。

 

2017年7月 国土交通省航空局が指定する「無人航空機等の操縦者に対する技能認証を実施する講習団体」として登録

2017年11月 InterBEE2017にて「SYSTEM5」ブースを出展

ミニバンをベースに使い勝手が向上した小型中継車の二代目モデルを出展しました。

 

2021年3月 独ARRI社認定の正規販売店として業務提携

2021年11月 InterBEE2021にて「SYSTEM5」ブースを出展

 DJI社のデジタルシネマカメラ「DJI Ronin 4D」を世界初展示しました。

TOP
TOP