CSR CSR活動

  1. システムファイブTOP
  2. CSR活動
システムファイブは「映像・音響機材の販売」等の事業活動を通して企業の社会的責任を果たすとともに、
よりよい社会を築くために貢献していきたいと考えています。
企業とともに社会の持続可能な発展のために具体的なかたちで貢献できるように
日々の事業活動のなかで努力しています。

映像産業の発展のためにクリエーター育成

次世代の映像業界を担うクリエーター育成を主目的として、ワークショップなどの体験型セミナーをはじめ、様々な映像関連イベントへの協賛や、高校・大学・専門学校への無償機材貸与を実施しています。今後は、制作した作品の上映会やWeb上でのオンデマンド配信など、クリエーターの皆さんが夢を実現できるようなイベントを様々な形で企画していきます。

社会福祉への貢献盲導犬育成支援募金活動

映像に携わる企業だからこそ、視覚障害者の社会生活をサポートできるよう、盲導犬育成の為の募金活動を実施しています。

現在、日本全国では約1,000頭弱の盲導犬が活躍しています。そして年間に120〜130頭の新たな盲導犬が育成されています。しかし、目の見えない、見えにくい方で盲導犬を希望している方は全国で約3,000人を数え、慢性的な不足状態が続いています。また、盲導犬を育成している全国11団体のほとんどは運営を募金とボランティアの支援に支えられており、より多くの善意を必要としています。

システムファイブはこのような盲導犬育成の実情を広くお知らせするとともに、具体的な支援の方法として東京本社・PROGEAR半蔵門と名古屋本社オフィスに募金箱を設置し、集まった募金を(財)日本盲導犬協会へ送金するために活動しています。

東日本大震災義援金受付

被災地における救援活動を支援する義援金の受付を行っております。
現在、オンラインショップでのポイントによる寄付をお受けしております。1ポイント=1円に換算し、寄付することが可能です。
皆様から集められた義援金につきましては日本赤十字社を通じて被災地の救援に充てられます。皆様の善意を、責任をもってお届けします。
義援金総額はこちらでご報告しております。

環境保護活動映像機器の買い取り・販売を通じたリサイクル

規格の変化が少なく、古い機材も使用可能であることから“ビンテージ”として扱われることが多い音響機器と比較して、多数の映像機材が産業廃棄物として処分されている現状をご存知でしょうか。

当社では、リサイクル活動の一環として、長年の使用により使えなくなったカメラやVTRなどの映像機材を買い取り、メンテナンス・リフレッシュ作業の後、保証期間を設けて販売を行っております。

また、業務用ビデオ機器の駆動電源として用いられている小型二次電池(バッテリーパック)を貴重な資源と捉え、使用できなくなった「リチウムイオン」、「ニッケル水素」、「ニカド」などの使用済みバッテリーパックを、産業廃棄物として安易に廃棄することなく、リサイクルの仕組みに沿って適正に処理し、環境保護や省資源に貢献しています。

詳しくはこちら

情報の取扱についてプライバシーマーク・ISMS認証取得

プライバシーマーク認証取得

当社の個人情報保護に対する取り組みや活動内容が評価され、2007年4月に「プライバシーマーク制度」の認定事業者として登録されました。「プライバシーマーク制度」は、(財)日本情報処理開発協会がJIS Q 15001:2006(個人情報保護マネジメントシステム)に準拠して、お客様からお預かりした個人情報を適正に扱っている事業者であることを審査・認定するものです。

当社ではお客様の個人情報を入手する段階から、利用、管理、問合せ対応そして廃棄までの各段階における取り扱いを適正に行うようにシステムを構築し、徹底していますのでお客様には安心して個人情報をお預けいただくことができます。(個人情報の取扱についてはこちら

ISMS認証取得

当社は、2014年11月に情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格である「ISO/IEC27001:2013」の認証を取得しました。

放送業務用映像音響システム設計、施工、保守並びに放送業務用映像音響機器の販売、レンタル、保守の事業を展開するうえで、情報セキュリティを確保することは必須であると考えます。
お客様の個人情報を含む全ての情報資産を保護するため、全従業員が情報セキュリティに対する意識を高く持ち、情報セキュリティマネジメントの維持・向上に努め、お客様の信頼をより一層高めることができるよう取り組んでまいります。