Staff Interview スタッフインタビュー

  1. 採用情報サイトTOP
  2. 社員インタビュー:高山 佳典

高山 佳典

お客様にとって必要不可欠な存在を目指して お客様にとって
必要不可欠な
存在を目指して

01

高山 佳典
外商営業部 マネージャー
2004年入社

中古買い取り担当として新卒入社

システムファイブを知ったのは学生時代。電気工学部で電気応用機器などの分野を学んでいた私は、卒業生の就職先一覧に会社名が載っていたのを見つけたのが縁でした。調べると映像業界だけでなく音楽業界にも関わりのある会社であることを知り、当時趣味で撮影だけでなく音楽活動も行っていた私は「面白そうだな」と軽い気持ちでエントリーした記憶があります。採用試験を経て、2004年4月に新卒で入社しました。

私は三重県の出身ですので、通勤圏内の名古屋に拠点があるシステムファイブに入社したのですが、新人研修として3ヶ月間、東京に滞在する機会がありました。その際に、地元とは全く違う空気に衝撃を受け、「東京で働きたい!」という気持ちが強くなり、当時東京・神田にあった東京支店への配属を希望。それからずっと東京で働いています。

入社後には、主に中古機材の買い取り査定を行う部署に配属されました。様々なメーカーの映像機器・音響機器の市場価値を見定め、お客様の大切な機材を適正な価格で買い取る仕事です。機材の知識は自然と身についたので困ることはありませんでしたが、15年前の当時は社員数が少なく、査定業務だけでなくショールームでの販売から倉庫での出荷業務など、各部署でのヘルプにも奔走する毎日でした。昔は今よりも機材が大型のものばかりでしたから、搬入・搬出に苦労が多かったこともいい思い出です。今は当時よりも社員数も10倍ほどに増え、部署ごとの業務に専念できる環境になり、ずいぶん変わってきたなと日々感じています。

今日まで継続して働けているのは、待遇や福利厚生のほかにも役職・職歴に関係なく意見を出し合える風通しの良さと意思決定の早さが大きなウェイトを占めています。会社だけでなく、お客様にとってもメリットがあるサービスをたくさん考えて次々に実行していけるスピード感はとても心地がいいです。「試しにやってみなさい」という上司はいても「余計なことをするな」という上司は一人もいませんでした。チームのマネージャーとして多くの部下を抱えるようになった今では、あの時の上司の言葉を思い浮かべながら指導するようにしています。

ワークライフバランスの取りやすさが嬉しい

現在では、主に放送局やポストプロダクションといった映像制作の現場からのご依頼を受け、お客様が望む商品やサービスを提供する外商営業部のマネージャーとして働いています。業務時間中は外出も多く、常に仕事のことを考えていますが、終業後や休日には仕事のことを一切考えず、趣味や家族サービスを中心に過ごすようにしています。気持ちの切り替えを上手に行い、ストレスを溜めないような生活習慣が長年の社会人生活で培ったスタイルです。

家庭をもつ身として嬉しかったのは、次女を授かった際に育児のための時短勤務を申し出たところ、誰も反対する人がいないばかりか、積極的に応援してくれたことです。弊社では女性はもちろん男性の育休取得や時短勤務も推進を行っていますので、家庭を持った後も共働きがしやすい環境だと身をもって実感しました。

経験と環境が自分を成長させてくれた

システムファイブで働いて一番自分が変わったと思うのは、性格です。どちらかといえば引っ込み思案だった私の性格が、毎日のように様々なお客様と会い社会経験を積むことで、自分でも驚くほど社交的になりました。自分の気持ちではなく相手の気持ちを優先して考えられるようになったことも大きな変化です。弊社の「ブランドプロミス」の一節には、「お客様にとって絶対になくてはならない会社となる」という言葉がありますが、私個人としても「会社・取引先にとってなくてはならない人物」と言われるような存在を目指して、これからも邁進していきます。

今就職活動中の学生のみなさんも、ぜひいろいろな人と出会い、いろいろな経験をしてください。自分の知らない世界は人の数だけ存在します。知識を吸収することで自分の中の引き出しが増えていき、それは必ず大きな財産になります。きっと、まだ出会ったことのない自分に出会えることでしょう。システムファイブがそんな場所となることを願っています。

※所属部署はインタビュー当時のものです。