Staff Interview スタッフインタビュー

  1. 採用情報サイトTOP
  2. 社員インタビュー:申 貝涛

申 貝涛

ドローンがもたらす楽しさをお客様と共有できる最高の環境 ドローンがもたらす楽しさを
お客様と共有できる
最高の環境

03

申 貝涛
営業部 ドローンチーム担当
2018年入社

ドローン販売のプロフェッショナルを目指して

システムファイブを知ったきっかけは、ドローン業界への転職を考えていたときに、求人情報にたどり着いたことでした。

私はこれまで自動車関係の技術営業、通信・オフィス関係の新規開拓営業、ウェブ制作会社など、システムファイブとはだいぶ縁遠い業界を渡り歩いてきました。

仕事には満足していたのですが、趣味の自動車RC(ラジコン)が好きなのと、ここ数年話題になっているドローンにも興味があったため、日増しにドローン業界への転職を考えるようになりました。

もともと私は、大学で人型ロボットの動きや機械構造について学ぶなど、最先端の技術に興味がありました。ドローンはまさにその最先端ともいえる分野の製品で、技術の向上スピードも非常に早く日進月歩の世界。採用試験後、内定の連絡を受けた際には、二つ返事で転職を決意しました。

システムファイブへ入社を決めた理由は、福利厚生の充実や、取引先の幅広さ、取り扱い商材の魅力…といった要素ももちろんですが、一番の決め手は社内の雰囲気でした。中途採用の面接時に社内見学をさせていただいたのですが、どの部署も笑顔で楽しそうに働いている姿がとても印象的だったのです。

入社後も、その雰囲気はそのまんまでしたね(笑)。皆とても仲が良く、社内環境がとてもいいと思います。人間関係って大事ですよね。BGMを聞きながらお菓子を食べたりお茶をしながらリラックスして仕事ができるのも、個人的には嬉しいポイントです。

社内向けにも「ドローンマイスター制度」を創設し、ドローン飛行時間に応じて補助金が出るなど、社員へ投資を惜しまない会社だと感じています。

好きなことを仕事にできる楽しさ

私が所属している営業部内のドローン販売チームでは、主にお客様の技術的なサポートや、購入を検討されているお客様への提案などを担当しています。

入社後に驚いたのは、お客様にドローンの説明をしている自分がとても活き活きとしていたことです。お客様と話していて、とても楽しいんですよね。「あ、やっぱり私はドローンが好きなんだ」とその時あらためて実感しました(笑)。他店で購入したものの満足のいくサポートを受けられずお困りのお客様をご案内した際には、「他ではちゃんと聞いてくれなかったのに、最後まで突き放さずに対応してくれたのはシステムファイブさんがはじめてだよ」と言っていただき、とても嬉しかったですね。その時のお客様は、今ではすっかり私の上得意様になっていただいています。

また、いくら好きなことだからといって仕事ばかり…となってしまっては元も子もありませんが、基本的に定時には退社していますので、仕事もプライベートもバランスが取れた毎日を送れています。休日は思いっきりラジコンやドローンなどの趣味に没頭しています。趣味が仕事にも活かせるのだから、こんなに楽しいことはありません!

国内のドローン販売ナンバーワンを目指したい

ただ販売するだけではだめなのが、ドローンです。みなさんもご存知の通り、ドローンは非常に楽しく面白い製品ですが、一歩間違えれば悲惨な事故につながってしまう危険も孕んでいます。ドローンを販売する企業の社会的責任として、ドローンを安全に普及させるという使命をもって、弊社では技術向上や各種法令法規のセミナーも定期的に開催しています。

私も定期的にセミナーイベントの講師や、商品説明会などで実演飛行なども担当しています。大人数の前で話すことは今までほとんど経験がなかったためとても緊張しましたが、より深く商品を知ることができましたし、ほかのセミナーでも堂々としゃべれるようになっていました。今ではいい思い出です。

毎週会議をしていますが、毎週のようにあたらしいアイディアが議論されていて、とても刺激的な毎日を過ごしています。もちろん最初はわからないことも多いのですが、ドローン以外の商材も含めて様々な経験ができる恵まれた環境だと思います。国内のドローン販売ナンバーワン企業へ成長させていけるよう、チームワークをもって目指し、日本中のお客様に頼られる存在になれたら嬉しいです。

私はまだ社歴も浅いですが、システムファイブでは社歴に関係なく実力のある社員をしっかり評価する制度が整っています。最近ではエンドユーザー様への販売だけでなく、販売店様への卸売り業務も任されるようになり、仕事の幅がどんどん広がっていて自分の自信につながっています。まずはチームリーダーを目指し、将来は管理職についてもっと活躍の場を広げていきたいです。

※所属部署はインタビュー当時のものです。