News お知らせ

  1. システムファイブTOP
  2. お知らせ一覧
  3. システムファイブ主催のDaVinci Resolveトレーニングセミナーが、国内初のBlackmagic Design認定トレーニングルームとして登録

2017.11.01

システムファイブ主催のDaVinci Resolveトレーニングセミナーが、国内初のBlackmagic Design認定トレーニングルームとして登録

株式会社システムファイブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河野雅一、以下弊社)は、弊社が主催するDaVinci Resolveトレーニングセミナーが、DaVinci Resolveの開発・販売元であるBlackmagic Design社より、国内初の認定トレーニングセンターとして登録されたことをお知らせいたします。


DaVinci Resolve トレーニングルーム

弊社では2010年よりDaVinci Resolveトレーニングセミナーを開催していますが、これまでは受講者の皆様にご自身のノートPCをお持ち込みいただいており、PCの性能によっては動作が重かったり、フリーズしたりといったトラブルも少なからずありました。

より快適にDaVinci Resolveトレーニングセミナーを受講していただくために、弊社ではDaVinci Resolve 14をインストールしたiMacおよびコントロールパネル「DaVinci Resolve Micro Panel」を10式導入しました。高性能なiMacと直感的に操作が可能なDaVinci Resolve Micro Panelが導入されたことにより、PCの持ち込みが不要となったことで気軽に参加できるようになりました。また、講師と受講者のiMacを同一ネットワーク上で接続し、専用のトレーニング用アプリケーションを通して必要に応じて画面を共有やファイルの配布を行うなど、ICTを用いた効率的な学習が行えるようになっています。


DaVinci Resolve Studio 14 インストール済み iMacと、コントロールパネル DaVinci Resolve Micro Panel

今後、創作意欲溢れる若いクリエイターが学ぶための場所として、この最新トレーニング設備を学生向けの研修ルームとしても積極的に提供していく予定です。DaVinci Resolveトレーニングセミナーのスケジュールにつきましては、以下のWebサイトにて随時お知らせしています。

▼セミナースケジュール案内ページ
https://info.system5.jp/proseminar/

弊社の取締役・営業統括の柳橋明は、次のようにコメントしています。

私たちは機材の販売だけでなく、映像業界の有益な情報をお客様に伝えたい、という気持ちを大切にして営業活動をしております。新製品の情報や、新技術の知識をわかりやすく理解していただくために、創業当初からお客様を招いてセミナーやワークショップを開催してきました。

Blackmagic Design社がDaVinci社を買収したことにより、今までは特別な人しか触れなかった高価なソフトウェアであるDaVinci Resolveが、誰でも使えるようになりました。2017年4月に発表されたバージョン14にはMA機能も加わり、今後DaVinci Resolveが映像業界のスタンダードアプリケーションになることが予測されます。

そこで、当社のセミナールームにDaVinci Resolve Studio 14とApple iMacを10式導入し、DaVinci Resolveのトレーニング環境を構築しました。より直感的にカラーグレーディングを学べるよう、DaVinci Resolve Micro Panelも合わせて導入しています。今までは価格面で手が届かなかったパネルも、このモデルなら比較的安価ですので、価格が下がったDaVinci Resolve 14と合わせて、これまで以上にユーザーが増えてほしいですね。

Blackmagic Design 認定トレーニングについて

Blackmagic Design認定トレーニングは、DaVinci Resolveの新規ユーザーおよび既存のプロフェッショナルに向けたカリキュラムの総称で、Blackmagic Design認定トレーナーによりクリエイティブで効率的にジョブをこなすために必要なスキルを学べるハンズオン形式のセミナーです。現在、世界中で75名以上の認定トレーナーと30以上の認定トレーニングセンターがあり、2017年10月現在、日本国内における教室形式のトレーニングでは弊社が初めて認定されました。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社システムファイブ PROSEMINAR事務局
担当:小林/高畑
Tel 03-3556-1350 | Fax 03-3556-1351 | Email proseminar@system5.jp